安売り店で買い物しない

スポンサーリンク

今、読んでくださってる貴方は
投資に興味をお持ちなんでしょうね
きっと

当サイトに書く「真理っぽいお話」は
サラリーマンの方にはあまり
関係無い話ばかりなんですが

経営者・自営業や投資家、等々
自力で多種の仕事をこなす生業の方

そんな人には大切だと思われる
話を綴るつもりです
 
 
今回は
安売り店で買い物しない
です

言うまでもなく商品の値段とは
どこかの誰かの収入の集積です

形がある商品だろうと
サービス業だろうと
お客様から頂くお金は
1円残らず
誰かの収入になる訳です

即ち
安売り店で売っている商品は
その「どこかの誰かの収入」を
ケチって作られたものです

決して世の中の主流になっては
いけない業態ですね
これが主流となると
皆が貧しくなっていきますので

ここで私が書いてるのは
言葉が違うだけで
松下幸之助翁が生前仰られていた
「適正価格」と同じ概念です
 
 
別な表現をしますと

安売り店ばかりで買い物してると

「貴方の収入も、いずれ誰かに
ケチられる様になって行きますよ
それで良いんでしょうか?」

て事です
(因果は巡ります)

嫌ですよね

ならば世の中を貧しくする安売り店で
買い物するのは控えましょう
 
 
しつこい様ですが、これは
サラリーマンの方にはあまり
関係の無い話です

深刻に受け止めるのはお止め下さい
 
 
最後に

安売り店が悪だと
言っている訳ではありません

一定の限度は必要ですが
世の中に有って然る可き存在だ
と考えます

とは言え
世の中を創造していく人達
クリエイトしていく人達
即ち、経営者・自営業といった方々は
ディスカウントショップで
買い物しない方が良いと言ってるんです

自分の為に、世の為に

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ